美容皮膚科で働く看護師の離職率について

転職する前に気になることは、その職場の離職率についてです。離職率が高いということは、そこの職場にいられない理由がそれなりにあるからだと思います。

看護師の離職率は一般的に高いと言われています。しかし、定着しているところも中にはたくさんあります。

 

美容皮膚科で働く看護師の離職率は高い傾向があります

美容皮膚科で働く看護師の離職率は高いと言われています。

私が転職する前に、紹介会社の担当者には離職率の低いところをお願いし、紹介していただきました。

しかし、入職して2ヶ月が経過した頃に1人退職し、3ヶ月目には2人退職してしまいました。

次々と人が去っていくことに、寂しさもあり、驚きました。病棟で働いていた頃は、産休に入る人はいましたが、退職者が出ることは珍しく、退職者が出ると大事になります。

そのため、私が入職してから、たまたま退職が続いただけなのかと思っていましたが、先輩からの話によると、半年~1年以上勤務している人で長い方とのことでした。

離職率が低いと聞いていたので、美容皮膚科で働く看護師の離職率の基準は、一般病院とは少し違っているようです。また、クリニック自体も開院してまだ2年ということもあるのでしょうか。

次々と人がいなくなってしまうと、正直言って動揺してしまいます。その代わり、次から次へと新しい看護師が入職します。

早く独り立ちして欲しいと、皆が協力して指導に当ります。そして、指導を通して新しい人たちと人間関係を最初から構築しなければなりません。

人に慣れることに時間がかかる人や、苦手な人にはこのような職場環境は大変ですよね。職場に人が定着していることは、改めて重要なことなのだと思います。

看護師全員が、笑顔でやりがいを持って仕事をしているような職場で働くことが一番良いですね。