ナース人材バンクの特徴と利用体験について

ナース人材バンクは、正看護師をはじめその他准看護師、助産師、保健師の転職支援サービスを行っています。

大手であり、年間10万人以上が利用していると言われています。厚生労働省認可、プライバシーマークを取得済みです。

全国対応しているため、地方の求人も紹介可能です。自力では見つけることができない非公開求人が多く、より自分の希望の求人が見つけられやすいです。

求人は常勤と非常勤に対応しており、派遣は対応していません。登録は無料です。また、地域専任のコンサルタントがいるので、より詳しい情報提供を行っています。

コンサルタントは転職に関するアドバイス、求人紹介、面接の日程調整、履歴書の書き方や面接指導まで行います。

また、給与等の就業条件の交渉も代行で行ってくれます。定期的に、メールにて地方の新しい求人を紹介しているので、気になる求人があればすぐに問い合わせることができます。

実際に、電話相談と求人の紹介をしていただきました。

ナース人材バンクの良い点は、地方に在住ですが、コンサルタントが地域専任のため、病院の内部情報にまで非常に詳しいところです。

自分自身が一番気になる各病院の離職率や職場の環境についても把握されていて、教えてくれるのでとても参考になりました。

お勧めできる病院と、お勧めできない病院についても説明を交えながら教えてくれます。また、地方の求人もとても豊富にあります。

夜勤手当は病院によって差が出るので、手当ての良いところを教えてくれたり、今後設立する予定の病院や、再建予定のある病院まで、自分が知ることができない情報が多く、とても詳しくて驚きました。

コンサルタントは、質問に対して曖昧な返答はせず、はっきりと答えてくれる印象でした。当時、大学病院勤務で夜勤もやっていて不規則だったので、次の連絡については確実に電話に出られる時間帯で、予定を立ててくれるので助かりました。

主観になりますが、悪い点は、現病院の退職を決めてからでは無いと、転職活動を進めてもらえないことです。退職が決まったら、求人の案内から転職のサポートを開始するとのことでした。私自身は、我侭ながらも先に新しい職場を決めてから退職したかったので、要望通りには合わないため最終的には利用しませんでした。

もうすでに退職が決まっている人や退職した人は、すぐに求人を紹介してくれるので心強いです。また、地方の人にとって、求人が多く内部の情報も提供してくれるため、安心して転職ができるサービスです。