看護学生の自己学習について

看護学生には、日々の自己学習が必要不可欠です。なぜなら、自己学習をしないと、看護学校の勉強にはついていけないからです。

 

先輩に学ぶ看護学生の勉強方法

看護学校に入学してすぐ、3年生の先輩方との交流会があり、色々と質問する機会がありました。

勉強方法、実習、試験についてさまざまな質問をそれぞれがしていました。やはり私が一番気になっていたことは、先輩たちがどのくらいの勉強をしているのかでした。

質問すると、その先輩は、平日は毎日勉強をしているようなのです。その日に受けた授業の科目は、すべてその日のうちに復習をしているとのこと。

その日のうちに復習をしておかないと、試験の前になって一気に勉強をすることは、時間も無く勉強しきれないため、難しいとのことでした。

その代わり、土日はアルバイトをしたり、遊びに行くこともあり、勉強をしない日と決めているようです。

オンとオフの切り替えをして、ストレスを溜め込まないようにしているところが、凄いところだと思いました。

質問に答えてくれた先輩は、成績上位者で、単位を落としたことが無いそうです。貴重な意見が聞くことができました。

 

課題をこなしつつ復習を行うことは大変

私も、同じように実践しようと考えていましたが、なかなか毎日復習をすることはできませんでした。

課題を終わらせることの方が優先になっていて、自己学習までに有り付けません。

しかし、試験勉強は2ヶ月前から少しずつ始めていたので、試験直前になって焦ることは無かったです。

試験直前になってから勉強を始めている人もいて、全然勉強が終わらないようでした。
看護学生時代は、誰もが勉強で苦労すると思います。自己学習のために睡眠時間を削ったり、遊ぶ時間を勉強の時間に変えたりします。

学生時代だけでは無く、看護師になってからも日々勉強です。