看護師の業務内容について

日勤の場合、朝出勤したら今日の受け持ちの患者様を確認して、電子カルテから、今日の検査予定や、治療内容(内服薬や点滴など)、医師の指示、昨日の状態などの記録を情報収集します。

たくさんの情報を収集するため、就業開始時刻の1時間前から、病棟に来ていました。その後、夜勤帯からの申し送りを受け、情報収集した以外のことで不明点を確認します。

申し送りは、漏れないようにしっかりメモしておくことが重要です。内服薬や点滴準備を先に行い、患者様の優先順位を考えて検温に回ります。

バイタル測定、状態観察、食事摂取量、排尿や排便の確認、朝の内服薬の確認、ベッド周りの環境整備を行います。膀胱留置カテーテルで、蓄尿をしている患者様の尿量を調べます。

その後は、援助が必要な患者様の清拭や排泄介助を行います。時間を見て行動しないと、点滴投与の時間がずれてしまうことがあります。

午前中は、時間が過ぎるのが早く、なかなか予定通りに業務が終わらないことが多く、最初の頃は焦ることが多かったです。食事前に行わなければならないこともあり、経過表の入力や看護記録が後回しになってしまうこともありました。

 

午後も検温から始まりますが、患者様に検査がある場合はそちらが優先になります。

午後は、ある程度ゆとりができるので、患者様とコミュニケーションをとることもできました。

午前中に終わらなかったことを終わらせることもあります。患者様の状態や様子を、看護記録として残します。

夜勤者が出勤したら、情報が漏れないように申し送りを行います。医師の指示変更があったり、仕事がなかなか終わらず、残業になってしまうことがほとんどでしたが、患者様の回復が見られると嬉しい1日になります。