看護師としてやりがいを感じる時

看護師として、できるならば、やりがいを感じる仕事をしたいと思いますよね。看護師の仕事は、病院によっても違ってくるため、人それぞれによって、やりがいの感じ方もさまざまになります。
私が勤務していた大学病院では、研修や課題が多く出され、休日や仕事が終わった後は、課題に取り組んでいました。課題が終わった後は、達成感がありますが、それはやりがいとは違います。

では、私にとってどのようなことが、やりがいを感じる時なのでしょうか。

大学病院では常に緊急性があるため、とても大変でした。落ち着いて、ゆっくり仕事をすることもできず、1人の患者様に、じっくりと密に接することはなかなかできません。

しかし、そのような短い時間の中で、患者様とコミュニケーションをとり、接していくことは、一番やりがいを感じていました。

患者様が回復していく様子や、「ありがとう」と笑顔で言ってくれることが、看護師の仕事をしている中で、一番嬉しいことです。例えどんなに仕事が大変で、先輩に色々指摘されて落ち込んでいる時でも、患者様のために看護する時は、喜んで行っていました。

元々、人と接することが好きでしたが、患者様は、何かしらの疾患を抱えて入院しているため、色々な不安な気持ちを察し、話を傾聴していかなければなりません。

そこで、患者様の不安が少しでも取り除けた時は、自分への大きな自信に繋がっていました。
私の場合になりますが、看護師の仕事は、業務をこなしていくことより、課題をやり遂げることより、何より人と接していく中で、やりがいが見い出せたと言うことです。

例え転職してからも、患者様との関わり合いは無くなることはありません。今後も、患者様が、笑顔で元気に退院、又は帰っていく姿を見送りたいと思います。