看護師と一緒に働く職種:医療職や介護福祉職

私たち看護師は、医療職や福祉職の人たちなど多くの職種の方と一緒に働いています。

この記事では、各職種の紹介と具体的な仕事内容をご紹介します。

 

看護師が一緒に働く医療職の人々

医師

看護師が一緒に働く代表的な人物は医師です。

医師は、治療・検査・薬の処方などを行いますが、看護師はその補助を主に行います。

例えば、薬の処方では、医師が出した薬をその作用・副作用を観察して医師に適切に報告し意見を伝えます。

入院病棟では、看護師は患者の入院生活を24時間交代しながら観察し、患者の病状を把握しています。日々患者の容体を把握している看護師の意見は医師の活動に大変役立ちます。

看護師は医師と意見交換をしながら患者のよりよい治療を進めていきます。

 

薬剤師

看護師は病院内に勤務する薬剤師とも協働します。

病院薬剤師は薬の作用順序や作用・副作用についての知識を多く持っており、患者の服薬指導などを行います。

看護師と薬剤師と相談しながら、薬物療法を患者の生活にどのように取り入れていくのかを議論していきます。

 

栄養士・管理栄養士

病院患者の健康・身体のケアを考えるに当たって、看護師は栄養士や管理栄養士とも仕事を共にします。

栄養士や管理栄養士は患者の栄養状態や健康状態に配慮した食事を考えて食事を提供しますが、栄養素に摂取制限があったり、塩分や糖分を控える食事、柔らかさなどの調整を行います。

看護師は栄養士や管理栄養士に患者の容体を伝えながら食事の内容を共に調整していきます。

この他にも、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など病院内には様々な役割を担う医療職が勤務しています。

看護師はこのような人とも日々連携し業務を行って行きます。

 

看護師が一緒に働く福祉職の人々

看護師が共に働く福祉職としては社会福祉士・精神保健福祉士が代表的です。

 

社会福祉士・精神保健福祉士

社会福祉士・精神保健福祉士はソーシャルワーク(社会福祉援助技術)の専門職で、患者が使える福祉制度を紹介したり、居所や各種機関と連絡を取り合い、在宅で治療を続けるための手伝いをします。

具体的には、高額医療機器をどのように家庭に導入するかなど経済的なことについて、制度に関する知識を活かし、看護師とも相談して退院支援を進めます。

精神保健福祉士の場合は、特に精神保健福祉分野に特化した専門職です。

 

 ケアマネージャー(介護支援専門員)

看護師と関わりが強い職種にケアマネージャー(介護支援専門員)があります。

ケアマネージャーは高齢者の介護保険で利用できるサービスを計画することを仕事としており、そもそも看護師の資格を持った人が担当していることも多いです。

主に在宅で介護を受ける高齢者の介護品質の向上を目的とした大切な仕事です。

 

介護福祉士・ホームヘルパー

ケアマネージャーと似ているものとして介護福祉士・ホームヘルパーがあります。

介護福祉士・ホームヘルパーは介護の資格であり、入浴の補助、買い物代行、食事の準備、部屋の清掃など身辺の支援を幅広く行います。

現在の日本は超高齢化が進んでおり、介護収容施設が飽和状態に近づきつつあります。

また、医療の発展から入院期間が短くなっていますので、今後は自宅で介護を受ける人が増加すると推察されます。

このような背景より、看護師が在宅患者を訪問して介護福祉士・ホームヘルパーと連携して仕事をしていくことが増えていくと思われます。