私が内分泌代謝内科勤務(異動)を希望した理由

新人の時、一番最初に配属されたところは婦人科でした。

ただ、勤めているうちにどうしても合わないことに気が付き、内科を志望し、師長や部長へ相談して約半年で、人員に空きがあった内分泌代謝内科へ異動させていただきました。

なぜ、この内科を希望したのかと言うと、私が元々希望していた科が内科だったためです。

疾患では糖尿病の患者様をメインで治療している病棟であり、糖尿病について詳しく学びたいと考えていたからです。

 

学生の頃から、糖尿病については、もっと詳しく知りたいと思っていました。

網膜症、腎症、神経障害などの、糖尿病からの合併症を引き起こす患者様が多く、他の疾患についても学ぶことができるのです。

また、患者様へ、疾患や自己管理の指導をすることによって、自分自身でも生活習慣を見直すことができました。

患者様へ糖尿病の指導をしておきながら、自分が生活習慣の自己管理をできていないと、患者様から信用がないから尚更ですね。

 

糖尿病に関しては、楽しく自己学習することができました。

自分が興味のあることは、学ぶことが苦では無いので、知識が入りやすいです。

ただ、学んだだけでは無く、実際に患者様から色々なことを質問された時に、答えられないとなりません。

最初は、すぐに答えられずに、調べておきますねと言っていたことがありました。

この診療科は、糖尿病だけでは無く、疾患名で言うと、バセドウ病や、副腎腫瘍、原発性アルドステロン症、クッシン症候群などさまざまな疾患があるため、さまざまな疾患を抱える患者様の看護をさせていただき、自分自身もたくさんのことを学ぶことができました。

また、この内科で働いている時だけでは無く、他のところでも学んできた知識は活かされるのです。

今でも、この診療科を選んで良かったなと思っています。