新人看護師の時に初めての採血・注射をしたエピソード

部署にもよりますが、成人病棟だと一般的には入職して1ヶ月から2ヶ月の間には、実際に患者様へ採血や注射を行う事になります。

小児科やNICUなどは、看護師が採血することは無く医師が行うそうです。

 

最初は、先輩看護師が見守りの元、患者様への採血や注射を行います。

採血の場合は、選んだ血管は正しいか、確保できているか確認していただきます。

但し、患者様には初めてだと言うことが、知られないように気を付けます。

そのため、見守る先輩は、さりげなく手伝いで入る感じにします。誰でも、新人に採血されることは嫌ですよね。

注射より、血管を確保する採血の方が難しかったので、私は患者様へ実際に採血する前に、先輩の腕を借りて練習をしました。

人によって血管の太さの違いがあったり、浮き出る人や、目に見えない人もいるので、数をこなさないと色々な人の採血は難しいです。

 

弾力があり太い血管であれば、手技さえ身に付いていれば、新人でも簡単に確保ができ、穿刺できます。

しかし、高齢者や痩せすぎている人、太りすぎている人はそれぞれ採血が難しくなります。

私は、採血に慣れるまでは、患者様には申し訳ないことですが、失敗してしまうこともあり先輩に代わってもらうこともありました。

やはり、失敗してしまうと、自身が無くなり凄く落ち込みます。

 

新人看護師の時に、最も苦手な血管の患者様の担当で、いつも採血に失敗していたので、あきられていました。

親切なことに、私が新人だと知っていて、練習だと思って何回でも刺せと言ってくれましたが、申し訳ないので先輩に交代しました。

とても痩せているため、血管は浮き出ているのにも関わらず、押さえても穿刺する時に、動いてしまうのです。

これは、先輩でも難しいと言っていました。この患者様の採血が成功した時は、もう誰にでもできると自信が付いた記憶があります。

このようなことから、看護師はきちんとした技術を身につけておかないと、患者様に迷惑をかけてしまうと言うことを、忘れてはなりません。