美容クリニック(医療)の役割と美容看護師のやりがい

現在では、美容関係のクリニックがどんどん増えています。

二重瞼や豊胸整形手術などを扱う美容整形外科や、脱毛などをメインとした美容皮膚科などさまざまな美容医療が展開されています。

美容クリニックとそこで勤める看護師の役割とやりがいについてご紹介します。

 

美容クリニック(医療)での看護師の役割

美容クリニックが増えていることに比例して、美容医療に興味を持つ看護師も増えています。

実際、一般病院を退職し、美容医療に挑戦する看護師は多いです。病棟での臨床経験が十分にある看護師から、新卒や経験の浅い看護師までさまざまな方々が美容医療で働くことを目指されるのです。

なぜ目指すかは人それぞれですが、自由診療のため一般病院より給与が高いことや、疾患を持つ患者様では無く健康な患者様を看護することや、自分自身も綺麗になりたいなどの理由があります。

 

美容整形外科や美容皮膚科の役割

美容医療での看護師の役割も、美容整形外科や皮膚科とそれぞれで異なります。

美容整形外科では、医師の補助的業務に入ったり、清潔操作を行う必要が出てきます。

また、美しくなりたい患者様がクリニックを訪れるため、悩みなどを傾聴したり相談を受けることもあります。

その都度、アドバイスをしていく必要が出てくるので、美容に関することを学んでいくことが大切です。

 

美容皮膚科でも同じことが言えます。

美容皮膚科では、今では主に脱毛を行っているクリニックががとても多いですが、脱毛の施術に使用する機器がクリニックによって異なることが多いので、どのような機器を使用するのか事前に患者様へ分かりやすく説明します。

また、患者様からの質問で一番多いのは脱毛効果がどのくらいで実感できるかについてです。

脱毛効果は、毛質や毛量によって個人差があることを説明していきます。毛質など以外にも肌の色や状態によっても、脱毛の効果は変化していきます。

患者様は、皮膚状態についても悩まれる方が多いため、照射前に医師からの説明を受けていますが、看護師からも再度確認をしていく必要があります。

患者様が安心して脱毛の施術が受けられるように、質問などに応じてアドバイスをしていきます。

 

美容に興味を持つ人は美容看護師になることで美しく成長できる

美容医療は、一般病院とは大きく異なってくるため、専門的な勉強が必要になりますが、その分綺麗になりたいと願う患者様への看護ができるのです。

美容に興味を持って美容医療を目指した看護師の方ならば、学ぶことは決して苦にはなりません。

興味のあることは、前向きに楽しく学ぶことができますからね。

それに、学んだ分だけ自分自身にもプラスになりますし、美しく成長することが期待できるでしょう。

大変やりがいのある仕事ですし、私も美容看護師となることで大きく成長することができました。