美容クリニックに来られる患者様の悩み対応

美容クリニックに受診される患者様の多くは、美容に関する悩みを抱えている方が多いです。

悩みの内容は人それぞれ違いますが、「美に対する意識が高いために生じる」という点が皆様共通しています。

 

美容クリニックに来られる患者様の悩み

美容クリニックに来られる患者様は、「もっと綺麗になりたいという欲求」から、今の状態をどうにかしたいと強い思いを持っておられる方が多いです。

特に美容皮膚科では医療レーザー脱毛を扱っているため、受診される患者様はムダ毛や肌について悩んでいる方が多いです。

例えば、

  • 人より背中の毛が濃くて困っている
  • 足の毛穴が目立って恥ずかしい
  • 鼻の下の毛がすぐに生えてくる
  • 友達や親に毛深いと言われた
  • ケロイドやアザの周りのムダ毛も無くしたい

などです。

 

そして、本当に脱毛の施術を受ければムダ毛は無くなるのかと不安に感じている方もいます。

ムダ毛の悩み以外では、顔や体のシミのこと、ホクロが多いこと、肌荒れが酷いこと、色素沈着のこと、美白方法についてなどです。

悩みのレベルも、できることならばと言う方と、深刻に何が何でもどうにかしたいと人それぞれです。

 

美容クリニックにおける美容看護師の役割

こうした悩みの多い患者様が訪れる美容皮膚科での看護師の役割には、施術の対応だけでは無く悩みを傾聴し相談に乗る、ということも含まれてきます。

患者様の悩みや不安を聞き、少しでも安心して施術に臨めて悩みが解消できるよう援助していきます。

 

美容クリニックに訪れる患者様は、美容看護師は医療や美容の知識が豊富にあると当然のように思っています。

そのため、どんどん質問される場合もあるのです。

それは、意地悪な質問では無く、患者様としては、美容クリニックで働く看護師は知っているだろうと確信を持って質問しているのです。

そのため、時には対応できないような質問をされたりするこもあり、とても困ってしまうこともあります。

 

患者様から逆に学ぶこともあります

患者様は美意識の高い方がとても多いこともあり、患者様の方が美容についての情報量が多く、逆に学ばされて驚いてしまうこともあります。

なるべく分からないとは応えたくないものです。

しかし、分からないからと言って、無理矢理正確では無い情報を提供してはなりません。

患者様を困らせ、迷惑をかけてしまいます。そのような時は、後程調べてお教えすることを伝えます。

施術終了後に、詳しい先輩方に相談して患者様の質問に答えられるようにし、それを繰り返していくうちに学ぶことも多いです。

学び得たことを、次回の患者様の悩み相談に対応できるよう、看護師は施術をしながらもカウンセリングの役目も担わなければなりません。

患者様が、安心して悩みが相談できる美容看護師を目指したいものです。