美容外科・皮膚科での肝斑治療~レーザートーニング~

30代~40代の女性にできることが多い肝斑(かんぱん)。肝斑はシミの一種ですが、なかなか取れにくいという性質を持っています。

そのため、美容外科や美容皮膚科でのレーザーなどを使った通常のシミ治療では、効果が実感できなかったり、逆にメラニンを活性化させてしまったりして症状が悪化するということも少なくないため、治療が難しいシミとして知られています。

そんな肝斑の治療に効果的といわれているのが、レーザートーニングです!

ここでは、肝斑治療の強い味方であるレーザートーニングについて解説したいと思います。

 

肝斑ができるしくみとは?

肝斑は、両頬など左右対称にあらわれるシミです。

肝斑ができるしくみについては、まだ分かっていないことも多いのですが、紫外線の他に女性ホルモンが影響しているといわれています。

そのため、妊娠やピルの服用などが要因となって肝斑が表われるというケースも多くみられます。逆に、女性ホルモンの影響がほとんどなくなる60代以降になると肝斑が発症することはほとんどありませんし、肝斑が消えるということもよくみられます。

その他の理由としては、顔を強く擦ったり、また、フェイスマッサージ時に力を入れ過ぎたり、といった誤ったスキンケアによる刺激で肝斑ができることもあります。

もし、美白化粧品を使ったり、紫外線を浴びないように極力気を付けたりしているのに「シミができた」、もしくは「シミがなかなか消えない」という場合は、肝斑かもしれません。

 

肝斑治療に効果的なレーザートーニングとは?

レーザートーニングでは、メドライトC6という細心のQスイッチヤグレーザーを用いて施術を行ないます。

通常のQスイッチレーザーによる治療では、高出力のレーザー光を照射しますが、レーザートーニングでは低出力の弱いレーザー光を照射することで、シミの原因となるメラノサイトを刺激することなくメラニンを減らしていくことができます。

そのため、治療回数を重ねることで、徐々に肝斑などのシミを薄くしていき、最後には消すことができます。

 

レーザートーニングのメリットとデメリット

レーザートーニングのメリットは、高出力のレーザー治療と違ってダウンタイムがないということです。

ですから、施術したその日からメイクをすることができます。また、施術時間は10~30分程度と短時間で終わるというのもメリットです。

さらに、レーザートーニングでは、肝斑だけではなく、他の種類のシミやくすみ、色素沈着、毛穴などを改善することもできますから、施術を受けるごとに美肌効果も実感できるというメリットもあります。

デメリットは、効果を実感するためには施術を複数回受ける必要があるということです。

だいたい、1~2週間ごとに1回のペースで継続して施術を受けることになります。

また、麻酔なしで受けることができる施術であるものの、人によっては施術後に赤みが出たり、ヒリヒリとした痛みを感じたりすることがあります。

しかし、施術中に強い痛みを感じるというわけではなく、個人差はあるものの施術中の痛みは感じないという人がほとんどです。

 

レーザートーニングはトラネキサム酸の内服と併用することが多い

レーザートーニングの効果を高めるために、美容外科や美容皮膚科の多くでは、美白効果のある トラネキサム酸(トランサミン)の内服を併用することが少なくありません。

トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化させる因子の1つと考えられているプラスミンの働きをブロックする作用を持つ成分で、肝斑の治療に用いられることが多い内服薬です。

トラネキサム酸は、プラスミンの働きを阻止しますから、服用することでメラノサイトの活性化を抑えることができ、肝斑の発生を防ぐことができます。