ニキビ・ニキビ跡に!美容外科や美容皮膚科でのピーリング治療

57

大人になってからできる大人ニキビは、しつこくてなかなか治りにくいものです。

ニキビ用の化粧品をライン使いしているのに、「なかなかニキビが治らない」「治っても、すぐに新しいニキビができてしまう」と悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

また、「ニキビ跡が残ってしまって取れない」と悩んでいる方もおられることでしょう。

美容外科や美容皮膚科でのニキビ・ニキビ跡の治療の1つに、ピーリング治療があります。ここでは、美容外科や美容皮膚科でできるピーリング治療についてまとめてみました。

ニキビ・ニキビ跡にはピーリング治療が効果的!

ニキビができてしまう原因としては、いくつかの要素が考えられますが、1つの理由が皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が乱れていることが挙げられます。

人の肌は、通常28日周期で生まれ変わっているといわれています。もちろん、個人差がありますので、30日周期という方もいれば、40日周期という方もいます。

この肌の生まれ変わりをターンオーバーと呼んでいますが、このターンオーバーが乱れてしまって、古い角質が肌から離れ落ちずにそのまま肌表面に留まったままになることがあります。

そうすると、本来なら剥がれ落ちるべき古い角質が肌表面をふさいでしまうので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。そして、この毛穴詰まりがニキビ発生の原因となるのです。

ですから、ニキビを改善するためには肌のターンオーバーを高めてあげることが必要だということです。

ピーリングには肌表面に留まってしまった古い角質を剥がして肌のターンオーバーを高める働きがありますので、ピーリング治療を受けることでニキビができにくい肌に導くことができます。

また、ピーリングはニキビ跡にも効果的です。シミのように肌に色素が沈着してしまったり、クレーター状に凹んでしまったりしたニキビ跡を、ピーリングによって肌のターンオーバーを高めることで、徐々に改善することができます。

美容外科や美容皮膚科でできるピーリング治療

美容外科や美容皮膚科で受けることができるピーリングにはいくつかの種類がありますが、ここでは行われることの多い3つのピーリング方法をご紹介します。

ケミカルピーリング・カーボンピーリング・クリスタルピーリングの3つです。それぞれの特徴は次のとおりです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌表面を溶かす薬剤を肌の表面に塗って、しばらく時間を置いて洗い流すことで肌のターンオーバーを高めるというものです。

美容皮膚科では広く使用されている方法です。

カーボンピーリング

カーボンピーリングは、レーザーによるピーリングで、肌表面にカーボンクリームを塗った上で治療を行ないます。

肌のターンオーバーを高めると共に、毛穴の引き締め効果もありますから、肌をトータルケアして美肌に導きます。

クリスタルピーリング

クリスタルピーリングは、酸化アルミニウムの粉を肌に吹きかけながら吸引することで、肌表面の古い角質を除去していくピーリング方法です。

ケミカルピーリングが肌に合わなかったという方でも受けることができる治療方法です。

オススメのピーリング方法は?

ここでご紹介した3つのピーリング方法の中で、どの方法がオススメかとは一概には言うことができません。

一番手軽にできるのはケミカルピーリングですが、人によっては肌に合わないということがありますので、その場合はクリスタルピーリングやカーボンピーリングを受けることになります。

この3つの中で美肌効果が一番高いのはカーボンピーリングですが、レーザーによる治療は苦手という方もいるでしょうし、施術料金も一番高いので経済的に無理という方もいるでしょう。

ですから、自分の肌質や目的に合わせてドクターと相談しながら自分にとって最善の方法を選ぶようにするのがオススメです。