美容外科や美容皮膚科でのホクロ・イボの除去方法

596

知らないうちにできてしまうホクロやイボ。顔にあるとメイクでも隠すことが難しく、目立って気になるものです。

ホクロやイボは、美容皮膚科や美容皮膚科で除去してもらうことが可能です。ここでは、美容外科や美容皮膚科でのホクロ・イボの除去方法についてお知らせしたいと思います。

 

美容外科や美容皮膚科でのホクロ・イボの除去

美容外科や美容皮膚科でホクロやイボを除去する方法としては、ホクロやイボを切り取って縫合する方法と、色の濃い色素に反応するレーザーを使って除去する方法、また、炭酸ガスレーザーなどでホクロやイボを蒸散させる方法とがあります。それぞれの特徴は次のとおりです。

 

◆切除する方法

局所麻酔を打った後にメスを使って切除した後に縫合する方法と、同じく局部麻酔を打った後に電気メスを使ってホクロやイボを切除する方法とがあります。

一般に、小さいホクロやイボの場合に電気メスを使用して切除します。

直径が1cm以上などの大きいホクロの場合は、電気メスではなく手術用のメスを使って切除し、縫合します。

 

◆レーザーによる除去方法

レーザーによる治療では、局所麻酔を行った後に、QスイッチヤグレーザーやQスイッチルビーレーザーといったレーザー濃い色素に反応するレーザーを照射することで、メラニンを破壊しホクロを除去します。

そのため、レーザー治療の場合は、イボではなくホクロ除去のみに適用されます。

 

◆炭酸ガスレーザーによる除去方法

炭酸ガスレーザーは、局所麻酔を行った後にレーザーを照射することでホクロやイボを蒸散させることができます。

メスを使った場合よりも傷跡が残りにくく、治りも比較的早いのが特徴です。

 

それぞれのホクロ除去方法のメリット・デメリット

一般に美容外科や美容皮膚科では、電気メスやレーザー、炭酸ガスレーザーを用いてホクロやイボを除去することが多い傾向にあります。

それに対して通常の皮膚科では、メスを使ってホクロやイボを切除する外科手術を行うことがほとんどです。

それぞれのホクロ・イボの除去方法のメリットとデメリットは次のとおりです。

 

◆切除する方法

ホクロやイボを切除して取り除くことのメリットは、確実にホクロやイボを除去できるという点です。電気メスを使った施術の場合は、出血もほとんどないというメリットもあります。

デメリットは、ホクロやイボを切除して縫合した場合は、完治までに時間がかかるという点や、傷跡が残りやすいという点があります。

 

◆レーザーによる除去方法

レーザーによるホクロ除去は、周囲の皮膚にほとんどダメージを与えることなくホクロ除去が可能という点です。

デメリットは、傷の治りは比較的早いのですが、術後3ヶ月~6ヶ月くらいまでは傷跡がピンク色に残ってしまうという点が挙げられます。(メイクで隠すことは可能です。)また、ホクロの大きさによっては一度で取りきれないこともありますし、しばらく経った後に、同じ場所にホクロができることもあります。

 

◆炭酸ガスレーザーによる除去方法

炭酸ガスレーザーは、水分に吸収されやすいという特徴があるため、照射することでイボや盛り上がったホクロの細胞の水分にレーザーのエネルギーが吸収され、その組織が蒸散されます。

炭酸ガスレーザーは、皮膚の表面のみに作用するため、ホクロやイボの周辺組織をほとんど傷つけることなくホクロやイボを除去することができるというメリットがあります。

メスを使わないため、治りも早いですし、傷跡が残りにくいというのもメリットです。

デメリットは、炭酸ガスレーザーでの施術後1~2ヶ月は、施術した部分に少しくぼみが見られ、ピンク色の状態が続きます。時間の経過と共に皮膚は盛り上がってきますし、ピンク色は徐々に薄くなって消えますが、長い場合は半年間くらいその状態が続くこともあります。