美容外科・美容皮膚科での赤ら顔治療~レーザー治療~

602

顔が赤いために「日焼けしたの?」なんて言われてしまうこともしばしばの赤ら顔。「血色が良くて健康そうに見える」という周囲の声もありますが、本人にとっては深刻な悩みでもあります。

赤ら顔解消のためのマッサージをしてみても、効果があまり実感できなかったり、逆に赤ら顔が悪化してしまったりしてガッカリしてしまったという経験も持つ方も少なくないのではないでしょうか?

赤ら顔は、体質などに変化が生じない限り自然と治ることはほとんど期待できませんが、美容外科や美容皮膚科では適切な治療を受けて治すことが可能です。

ここでは、レーザーを使った赤ら顔の治療について解説したいと思います。

 

レーザーを使った赤ら顔の治療方法とは?

赤ら顔の多くは、肌表面近くの毛細血管が拡張したことによってみられます。

人前に出て緊張したり、寒いところから急に暖かい部屋に入ったりすると頬が赤くなることがありますが、それは一時的に毛細血管が拡張して血流が増大することによって生じるものです。

赤ら顔の場合は、一次的に顔が赤いのではなく、継続的に顔が赤いので毛細血管の拡張が継続している状態にあるということになります。

レーザーを使った赤ら顔の治療では、肌表面に浮き出て見える毛細血管をレーザーで破壊しますので、そうすることによって赤みを改善します。使用するレーザーにはいくつか種類があり、ダイレーザー(色素レーザー)やヤグレーザー、ダイオードレーザーなどを症状に合わせて使用します。

一般に、症状が軽い場合(全体的にうっすらと顔が赤い程度という場合)はダイオードレーザー、赤みだけでなく若干毛細血管が浮いているのが分かる場合はダイレーザー、症状が重い場合(毛細血管が肌表面に見える場合)はダイレーザーやヤグレーザーで治療を行います。

 

レーザーを使った赤ら顔の治療のメリットとデメリット

レーザーを使った赤ら顔の治療のメリットは、治療効果が高いという点です。

レーザーが肌表面に浮き出てきている毛細血管に反応して毛細血管を破壊するので、レーザーで処理できた部分は確実な効果を得ることができます。

また、施術時間が短く、ダウンタイムも比較的短いというメリットもあります。

デメリットは、施術後しばらくは赤みが出たり、腫れたりする場合があるという点です。また、施術した部分がかさぶたになることもあります。さらに、1回の施術で効果が十分に出ることは少なく、十分な効果を得るためには複数回通うことが必要となります。

 

レーザーを使った赤ら顔の治療料金は?

レーザーを使った赤ら顔の治療料金は、美容外科や美容皮膚科によって異なりますので、治療を考えている方はいくつかのクリニックに問い合わせて比較してみるといいと思います。

ここでは、一般的な目安料金をお知らせしますと、頬のみのレーザー治療は1回当たり40,000円~60,000円が目安となります。

顔全体の施術になると、1回当たり60,000円~100,000円くらいが目安です。

 

1回当たりの施術料金がこの価格ですので、2回、3回と治療回数が増えるごとに施術料金は2倍、3倍となります。

赤ら顔の治療は、1回である程度の効果が表われる場合もありますが、5回以上通うことになるケースもあります。

そうすると、1回当たりの施術料金が40,000円のクリニックだと5回で20万円、1回当たりの施術料金が60,000円のクリニックだと5回で30万円と差が開きます。

 

ですから、クリニックを選ぶ際には評判のいいクリニックを選ぶと共に、赤ら顔の治療のために複数回通うことになる可能性が高いということを考慮に入れた上でクリニックを選ぶようにしましょう。

無理して施術料金が高いクリニックを選んでしまうと、最後まで通うのが難しいということもありますので、注意してください。