美容外科での二重まぶたの施術方法~埋没法(プチ整形)~

605

第一印象を決めるのに重要な要素になる「目」。パッチリした二重まぶたは、やはり印象的で人を惹きつけます。

魅力的な二重まぶたにしたいと思うものの、整形するのは少し気が引けるという方に人気なのが、二重まぶたにするためのプチ整形ともいわれている埋没法です。

埋没法はメスを使わない施術方法なので、二重まぶたの美容整形の中では最も安全性の高いものです。

 

魅力的な二重まぶたへー手軽にできる埋没法とは?

埋没法による二重まぶたの施術は、美容整形の中でも最も多くなされているものの一つで、安全性が高く、痛みや腫れも少なく、目の印象を魅力的なものとしてくれます。

埋没法がおすすめな方は、メスを入れずに二重にしたい方や二重の幅を広げて、くっきりとした二重にしたい方などです。

二重まぶたにする方法は、大きく別けて埋没法と切開法がありますが、埋没法のほうがメスを入れない分、安全かつ短時間で二重を作ることができます。

埋没法は、極細の特殊な糸を用いて、まぶたの裏側から二重まぶたのひだを作りたい場所に糸を結び埋没させるという方法です。

埋没法を施術しているクリニックによって施術方法は異なりますが、一般的には希望の二重の形に合わせて、またどれほどの期間持続させたいのかなどを考慮したうえで、糸を結ぶのが1ヵ所になるのか、2ヵ所3ヵ所になるのか変わってきます。

 

埋没法による二重まぶた施術のメリットとデメリット

埋没法は手術時間が10分ほどと短時間で、術後の腫れもごくわずかです。

また施術料金も切開法などと比較して低料金のため、気軽に二重にしたいと考えている方におすすめな方法です。アイプチなどで二重を作ると、まぶたがカブレたり腫れぼったくなってしまうことがありますが、埋没法で二重まぶたにすればカブレや腫れを気にすることなく思いっきりアイメイクを楽しむことができます。

極細の特殊な糸を使って二重まぶたを作り出す埋没法ですが、末広タイプや自然な奥二重、幅の広い並行タイプなど様々なタイプの二重を作り出すことができますので、どんな二重にしてほしいか写真などを持って行って相談することができます。

デメリットとしては、メスを使うわけではないので必ずしも二重が半永久的に維持することができないという点です。

特に、もともとの目が腫れぼったかったり、アトピーや花粉症で目をよくこすることが多い方の場合は二重が取れやすくなります。

幅広い二重にした場合は、時間とともにだんだん幅が狭くなったり、ラインが浅くなってきたりすることもあります。幅の狭い二重を作った場合は、半永久的に取れない場合が多いものの、元の目が腫れぼったい場合は数年で取れてしまうこともあります。

 

埋没法の施術料金

埋没法による二重まぶたの施術料金は、美容外科や美容皮膚科によって大きく異なります。

例えば15,000円で受けることができるところもあれば、その10倍以上の180,000円のところもあります。同じ埋没法とはいえこれほど料金に差が出るのは、一口に埋没法といっても施術の方法がさまざまあるからです。

そして、高ければそれだけ二重が持続する期間が長くなりますし、保証期間もしっかりとついてきます。例えば、前述の15,000円の施術は埋没法(1針(2点留))という一番シンプルな施術方法で、保証期間も3か月間だけです。

180,000円かかる施術は埋没法(4針(8点留))で、保証期間が5年ついており、半永久的に二重を維持することができる施術方法となっています。

このように埋没法といってもさまざまなタイプのものがありますので、二重まぶたにしたいと思ったなら、まずは美容外科や美容皮膚科に行きカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

それぞれのまぶたの特徴によって、どんな二重にしたら似合うか変わってきますし、どれほどの期間二重まぶたを維持することができるかも変わってくるからです。