美容外科で働く看護師の仕事内容について

64

美容外科は、美容の視点から外科的な治療を行うものです。

看護師の役割は、主に医師の手術の介助です。美容皮膚科とは異なり、手術をするため医師がメスを使用することが多いです。

 

美容外科は手術が中心 経験が求められることも多いです!

手術前の器具や薬剤等の準備から、医療器具の洗浄や滅菌も行います。清潔操作について理解し、実行できる必要があります。

もちろん、術後の経過観察も行うため、看護師としての観察力や判断力も必要になります。

また、基本的な看護技術、採血・注射・点滴は必須になります。そのため、美容外科は、一般病院での臨床経験が最低でも1、2年以上は無いと採用しないクリニックもあります。

一般病院にて、手術室での経験がある人は特に優遇されますが、その経験が無くても、研修を通して、指導者が一から教えてくれるので安心して覚えていくことができます。

主な診療内容は、埋没法や目頭切開、豊胸手術、脂肪吸引等、クリニックによって内容はさまざまです。

 

美容外科は患者様にも人気 最近は男性も訪れます!

外科的な診療内容は、患者様に非常に人気があります。それだけ、美しくなりたいという女性が多いのです。最近では、男性も美に関心がある人が増えています。

また、クリニックによりますが、カウンセリングも看護師が行うことがあります。そのため、患者様のコンプレックスに対する話を傾聴し、綺麗になるために安心して手術に臨めるよう、サポートしていく必要があります。

看護師は、常に明るい笑顔で、患者様の話をよく聞くことも求められます。

美容皮膚科と比較すると、美容外科の方が、手術がメインになるため大変で忙しいイメージですが、患者様をサポートする面ではどちらも同じです。

看護師としての基本的な技術と、美容に対する関心、コミュニケーション能力があれば、美容外科で働くことを目指せます。