美容外科で働く看護師の役割について

ずっと美容にコンプレックスを持って悩んでいる人、もっと綺麗になりたいと思う人が美容外科へ来られます。

美容に対する悩みは、友人や周りの人にはなかなか言えません。

そこで、医師や看護師が患者様がどんな悩みを抱えているか傾聴し、解消していきます。

 

美容外科の看護師は長年のコンプレックス解消を助ける重要な役割を果たします!

美容外科に来られる多くの患者様が、美容整形手術を受けに来院されます。整形手術後の数日間は、手術内容によって少し顔が腫れたりするので、会社勤めの人は、GW等の連休中に整形手術を受けることが多いです。

自由診療のため、手術料金も決して安いものではありません。

しかし、ずっと悩んでいたコンプレックスを解消するために勇気を出して、整形手術に挑んでいます。

初めての手術を受ける患者様は、とても不安です。そのため、医師や看護師は患者様との信頼関係を築くことが必要です。そして、安心して手術に臨んでもらいます。

美容外科で多い手術は、二重にするための埋没法、目頭切開、豊胸、脂肪吸引、プチ整形等があります。クリニックによっては、その他色々な手術を行っているところもあります。

患者様がどうなりたいか、話を聞いて希望通りに綺麗になれるように、しっかりとカウンセリングをしていきます。最近では、女性のみならず男性も多く来院されています。男性の美意識の高さに驚きますよね。

 

患者様の相談に乗ることも看護師の仕事です!

看護師は、患者様から色々と相談されることがあります。患者様は、不安ながらも綺麗になりたいという気持ちはとても強いものです。

患者様の悩みによく耳を傾け、前向きに美容整形手術が受けられるように、援助していく必要があります。

看護師の役割は、採血や注射、点滴等の技術だけでは無く、一般病院と同じく精神的なケアをしていくことも大切です。患者様の悩みに応え、誰からも信頼される看護師を目指していきたいですね。