美容皮膚科で働く看護師が退職する理由とは

美容クリニックのお仕事は良いことばかりではなく、合わなくて退職する人もいます。

これから美容看護師を目指される人には、退職する理由のようなマイナスな話は知りたくないと思うかもしれませんが、是非転職の時の参考にしていただくと良いと思います。

 

美容皮膚科で働く看護師が退職する理由とは?

美容皮膚科で働く看護師が、退職する一番多い理由は、美容系の仕事が向いていない、イメージと違っていたという理由です。

ほとんどの人が、一般病院の仕事とギャップを感じてしまい、戸惑ってしまいます。美容を主体としているため、病棟で行っていた医療行為とは大幅に異なってきます。

実際、美容看護師の役割をあまり理解せずに、転職してしまう人もいます。

そのため、事前に美容皮膚科の看護師は、どんな業務内容で、施術はどんなことを行っているかを知るために、見学や説明会に参加し、よく理解しておくと良いです。

そこで、自分はこのような美容の仕事が、本当にやっていけるかどうか判断して転職を目指すと良いです。

 

また一般病院で働きたいという理由

退職する理由の1つに、美容クリニックではなく一般病院で再び働きたいという理由もあります。

美容皮膚科では、業績が関わってきます。そのため、看護師もサービス精神を持って働かなくてはなりません。

もちろん、接遇面にも気を付けなければなりません。クリニックによっては、ノルマがあったり、営業をしなくてはならないので、看護師としては普段はしない仕事もこなさなければならず、疲れてしまうのです。

そして、看護師は患者様に寄り添い、話を傾聴し、必要な援助を行うものなのに、看護師らしくないと思ってしまいます。

また、退職理由は人それぞれでありますが、美容に興味を持っていて、美容看護師として働きたいという人は、美容の仕事を看護師としてどう行っていくかを知り、新たな分野で挑戦していこうという強い意志を持って、臨むと良いのではないかと思います。