美容皮膚科で働く看護師の仕事内容について

美容皮膚科での看護師の役割は、どのようなものなのか気になる人は多いと思います。

私は、美容皮膚科で働く前は病棟勤務だったので、美容系の仕事の存在を知るまでは未知の世界でした。

 

美容クリニックで働く看護師のお仕事は?

ここでは、看護師の役割について説明をしていきます。美容皮膚科では、医療レーザー脱毛の施術を行っています。

また、シミやにきび等に効果的なレーザー治療も行っています。基本的な看護技術とは違い、美容皮膚科でしか行わない技術です。

そのため、入職時から研修を通して技術を習得する必要があります。

1人の患者様に対して、1人で施術に入ります。時間枠が決まっているので、時間内に施術とカルテの記入も行う必要があります。

その他、血液クリーニングやビタミン剤等の点滴を行います。点滴中の患者様の状態確認や注意事項の説明を行っていきます。

ボトックスやヒアルロン酸注射を医師が行うので、施術前の準備や患者様への説明、止血確認等の介助に入ります。

 

美容皮膚科では手術の機会は稀ですが手術介助をすることもあります!

美容皮膚科では、手術は基本的に行わないですが、ホクロ除去手術や目の二重手術の埋没法等、簡単な手術を時々行うため、医師の手術介助に入ることもあります。

また、クリニックによりますが、受付やカウンセリングに関しては、それぞれ担当がいるので、看護師は施術のみを行うことになります。

しかし、施術中に患者様から施術の効果についてや疑問点、その他体調面のことについて、色々な相談をされることもあります。

その疑問点については看護師が対応していきます。施術者が看護師であると分かると、当然病気や体調面について詳しいだろうと思う人が多いのです。このような場面で、患者様から信頼されるととても嬉しいですね。

基本的な看護技術も必要でありつつ、新しい技術も習得できるので、新鮮な気持ちで出来る仕事です。